IT研修について

どの仕事につく場合でも、その職場がどういった職場か、どういった仕事をどういった環境で行うのか不安と期待でいっぱいだと思います。
新卒採用者であっても、転職採用者であっても、その会社にとっては新人と同じ扱いです。
新人に対しては「新人研修」という社内研修が行われることが多いです。

ITの関連職種に関しては、その職場に勤務した人たちに行われる社内研修のことを「IT研修」といいます。
ITの職種に関しは、専門性が高い割には未経験で、ITにちょっとだけ興味があるという無資格者でも働くことはできます。
無資格の職員に対しては、知識があったり、経験があったり、資格があったりする職員に比べればIT研修の期間は長くなります。
自社製品に対しての知識であったり、プログラミングやエンジニアなどについて身につけたい技術や知識を研修で教えていきます。
通常の会社は長年勤務している職員が講師として研修に当たることが多いのですが、IT研修に関しては知識や技術の専門性が高く、学ぶべきことが多いことから、IT研修を引き受ける会社というのもあります。

IT研修を引き受けている外部の会社の中には、会社の長年勤務している社員を講師に要請するコースもあり、そういったコースで研修を受けた職員が社内で研修を行うということも多いです。
こういったIT研修をおろそかにしてしまうと、仕事はスムーズに進みません。
IT研修はしっかりと受けるようにしましょう。

コメントする

Your email is never published nor shared. * が付いている欄は必須項目です

次の HTML タグと属性が使用できます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*
*