面接時に気を付けること

初めて会う人がどれだけ実務をやり遂げることが出来るか、初見では判断が出来ないものです。
多くは職歴や面接時の人柄などで判断して、期待を込めての採用になるのではないでしょうか。
求人情報を見ているとRubyエンジニアの募集もたくさんありますし、増えてきているように思います。
ですが書類選考を先にするため、履歴書をまず送付してから面接をするかどうかの判断になるようです。
履歴書や職務経歴書の書き方がとても重要になってきます。
ただ今までの職歴を書き連ねるだけでは意味がありません。
どのような業務をどのように関わってきたのか、また会社の中ではどのようなポジションにあったのか、といった内容も伝わるような内容でなくては難しいかと思います。

履歴書も同じです。ただ持っている資格を書きならべても、その企業が求める人材であると判断されるかどうかはわかりません。
今、その企業が必要としている人材がどのような資格や免許を持っているべきなのか、そして自分の持っている資格や免許と照らし合わせて必要と思われることは忘れずに書きましょう。

面接まで進めば、今度は実際に担当者との面談になります。他の資格や免許について聞かれれば、率直に答えると良いと思います。
その際に気を付けるべきポイントとして前職での不満を言わないこと、というものがあります。
不満を言う人はどこでも不満しか感じないのではないか、という懸念があるからです。
キャリアアップしたくての転職、また自分の能力を試す場所が欲しくて、といった前向きな希望を述べる方が好印象になります。
そして採用されれば即戦力として全力で努力するといった前向きな姿勢も必要ではないかと思います。

コメントする

Your email is never published nor shared. * が付いている欄は必須項目です

次の HTML タグと属性が使用できます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*
*